読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事務系独身アラサーが親知らずを 抜く

事務系独身アラサーが親知らずを4本抜く話です。

親知らずと薬

「手術後血が止まったらガーゼを外して

 点滴も外します。

 手術後最初のお手洗いは付き添いますので

 おトイレしたくなったらナールコール鳴らしてください。」

 

予告連れション。

 

「ちなみに最後にうんちしたのはいつですか?」

 

おっと。

唐突に告白を迫られた。

 

たぶんこれ具体的に説明する前にしなきゃいけないやつを

今思い出したからしてるな。

 

とりあえず便通頻度を答えた。

 

「じゃあ便秘にはなっていないと言うことですね。」

 

生まれてこの方便秘になったことないです。

 

「じゃあおそらく手術は問題なくできるでしょう。」

 

どうやら親知らずを抜くには便通を良くしておかないといけないようだ。

 

「では説明の続きですが

 血がちゃんと止まっていたら

 18時に夕食を食べていただきます。

 麻酔がまだ残っているのでゆっくり食べてくださいね。

 点滴を外してから痛みが出ることがあるので

 そのときはこの痛み止めの薬を飲んでください。

 薬についてはまた後で薬剤師の方が

 説明しに来てくれますからね。」

 

痛み止めの薬が入った袋には

「疼痛時」と書かれていた。

 

「あと朝食後と夕食後に

 滅菌する薬も飲んでいただきます。」

 

滅菌。

 

菌を滅ぼす。

 

バイキンマンが戦々恐々としているぜ。

 

「明日になってちゃんと血が止まっていて

 手術痕が化膿していなければ

 無事退院となります。」

 

ここで先ほど医師に入院が延びるかというか聞いた話とつながるわけか。

 

血が止まらなかったり

化膿していると入院が延びるっぽい。

 

おそらく滅多にないことだろうけれど。

 

「これで説明は以上です。

 何か質問はありますか?」

 

途中途中で質問はさせてもらったので

特にこれと言った質問事項はもうなかった。