読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事務系独身アラサーが親知らずを 抜く

事務系独身アラサーが親知らずを4本抜く話です。

親知らずと処分

「あとこれも渡しておきますね。」

 

渡された封筒を見ると

紹介返答書と書いてあった。

 

「抜糸するときにかかりつけの歯医者さんにこれ見せてくださいね。

 これに糸の場所とか抜糸方法書いているので。」

 

はい。

 

「あと親知らずどうします?

 持って帰りますか?」

 

きたこれ。

 

ぶっちゃけいらないです。

 

「結構持って帰る人いるんですよ。」

 

まじかよ。

持って帰ってどうするんだよ。

 

「じゃあこっちで捨てといていいですか?」

 

はいぜひお願いします。

 

「分かりました。

 まだ会計の人来てないんですかね。

 会計の人が来て請求書もらったら帰っていいですからねー。」

 

親知らずを持って看護師は去って行った。

 

以前ホンマでっかTVか何かで

歯の周りにある組織を使って

意図せず無くなった歯の代わりに

前に抜いた歯を入れるみたいな話があったけど

そのために持って帰る人がいるんだろうか。

 

でもあれ冷凍保存しなきゃいけないって言ってたから

常温にさらしてた時点でアウトな気がする。

 

まあ想像できないような

抜いた歯の使い道があるんだろうと思いたい。

 

しかし充電について何も言われなかったな。

 

充電しても良かったんだろうな。

もっと早めに充電しとくんだった。

 

会計の人が来るまでツイッターを眺めていると

いかにも会計の人っぽい女性が現れた。

 

「退院おめでとうございます。」

 

はあありがとうございます。

一泊だけですけどね。

 

「これが請求書になります。

 これを持って会計受付で支払いをお願いします。

 ではお大事に。」

 

会計の人は颯爽と帰って行った。