読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事務系独身アラサーが親知らずを 抜く

事務系独身アラサーが親知らずを4本抜く話です。

親知らずと入院準備

「眠たくなる麻酔を使います。」

 

もしかして全身麻酔じゃないのだうか。

 

眠たくなる麻酔=全身麻酔ではないのだろうか。

 

状況によって麻酔の種類が違うかもしれないから

ぼやかしているのかもしれない。

 

「退院時に会計をされる場合は請求書をお渡しします。

 そうでない場合や後日請求書を郵送します。」

 

ほう。

 

事前にネットで調べた時に

親知らずの抜歯は1本につき

5000~10000円とあったので

ベッド代もろもろ含めて

安くて3万

高くて6万くらいだろうか。

 

病院に行ったときに会計機の近くに

(あざとくも)銀行ATMがあったので

それくらいの金額なら退院したときに払えるな。

 

これで入院前にできることはした。

 

後は持っていくものの準備だけにして

入院まではのんびり過ごすことにした。

 

入院する2日前にジンギスカンを食べてしまったが

2日前だしいいでしょう。

 

入院前日。

 

持っていくものの準備をした。

 

①入院説明時に貰った書類一式

②保険証・診察券

③歯ブラシ一式

 

歯ブラシは

旅行用の歯磨きセットを持って行った。

 

④コップ、箸、スプーン

 

イソジンでうがいするとクリニカルパスに書いてあったので

コップはお茶などを飲む用で

落としても割れなくて軽いプラスチック製の物と

歯磨きする用の紙コップを持って行った。

 

箸は弁当と一緒に持って行っている

ケースに入れられるお箸セットにした。

 

スプーンはサーモスのケースがあるスプーンがあるのでそれにする。

 

ティッシュ

 

何故ティッシュが必要が必要なのかわからなかったが

とりあえずボックスティッシュをひと箱持っていくことにした。